やみつきジャパン!

若年性パーキンソン病と闘う札幌在住独身サラリーマンのブログです。

俺の彼女は諦めが悪い。

f:id:sechsmerquise:20170602225150j:plain

 毎週土曜、彼女は俺のところへ会いに来る。時間もきっかり朝の9時。俺の意思なんてお構いなしだ。悪い気はしないが、逢う度に一週間何があったかを聞かされるのは疲れる。彼女は俺が黙って聞いているだけで満足なのだろう。

 「おはよう。ケンちゃん。今週は月曜から大変だったんだよ? 先輩が発注したものが台風の影響で入荷が遅れてね、お店に並べられなくなって陳列やり直しになったの。それなのに新人の子がインフルエンザになって急に休んじゃって、人が足りなくてね。ねえ、ちゃんと聞いている? それでね……」

 彼女は俺が返事をしなくても、話し続ける。こんなやり取りが毎週とはいえ、1年は続いている。いい加減、話しかけるのを諦めてくれないだろうか。返事もしない俺なんてつまらないだろうに。

 

スポンサーリンク

 

 

 「なあ、たまにはデートしようぜ?」

 最近、俺は毎日のように彼女へ電話している。

「この前、日帰り旅行に行ったでしょ?」

 毎日話しているせいか彼女の態度は冷たい。

「この前って、3カ月前だぞ? 電車で3駅の距離なのに会えないっておかしいだろ?」 

「仕方がないでしょ? 平日は残業だし、休日だってやること多くてそれどころじゃないんだから」

「これから逢いに行ったらダメ?」

「無理。明日も早いし、今日は残業で疲れたからもう寝たい」

「前から言っているけどさ。結婚しようぜ? 一緒に暮らせば嫌でも顔合わせられるんだしさ」

「嫌でも? 嫌なら一緒に暮らさなければいいんじゃない? どうせ、好きな時にやりたいだけなんでしょ?」

「ミナ、お前なあ、今時、自分から結婚したがる男なんて俺ぐらいなもんだぞ? それに、やるやらないの問題じゃないだろ? 付き合っているのに3カ月も顔を見ていないっておかしいだろ? 顔を見ないと心配になるもんだぞ?」

「何が? 何が心配なの? 浮気? ケンちゃんは私を信用していないの?」

「そうじゃねーよ。お前、休日もほとんど休んでいないだろ? 生きてっかなーとか心配になるんだよ!」

「あんたは私の母親か! 元気かどうかなんて電話で分かるじゃん。生存確認お疲れさん!」

「なんだよ! 俺は真面目に話してんだぞ?」

「そもそもさ、ケンちゃんの稼ぎが少ないせいでしょ? せめて手取り30万持ってきてよ? そしたら私も無理しないで済むんだから」

「俺の給料が安いから結婚できないのか? 共働きの選択はないのかよ?」

「前から言っているけど、一緒に暮らし始めたら、絶対回数増えるよね? 子供できたらどうすんの? 産休は給料出ないんだよ? 出産手当金は出るけど給料の3分の2ぐらいだし、子育てにかかる費用考えると、今しっかり稼いで貯金しておかないといけないんだよ、分かる?」

「いやいや、結婚というか、同棲したからといって絶対子供ができるわけじゃないでしょ?」

「でも、やるよね?」

「やる……ね。そりゃそうでしょ。付き合っているんだから」

「だから? だからって何? ほら、やっぱりやりたいだけじゃん!」

「ああ分かったよ。もう俺から逢おうとは言わないよ!お前が謝るまで電話もしないし、話もしない。返事もしないからな!」 

 

スポンサーリンク

 

 

 「おはよう。ケンちゃん。今週は月曜から大変だったんだよ? 先輩が発注したものが台風の影響で入荷が遅れてね、お店に並べられなくなって陳列やり直しになったの。でも新人の子がインフルエンザになって急に休んじゃって、人が足りなくてね。ねえ、ちゃんと聞いている? それでね……それで、ケンちゃんいい加減返事してよ。何度でも謝るから、いつまでも無視しないでよ。私を独りにしないでよ……」

 蝉の鳴き声が響く真夏の晴天の下、ミナはしゃがみこんで泣き出す。目の前に建つ墓石には去年の日付が彫られている。そして、ケンの名前も彫られていた。去年の今日、ケンはバス事故に遭った。ミナと仲直りすることなく、その日、ケンの時間は止まってしまったのだ。

 ミナは二度とケンと会話することができない。そして、顔を合わせることもできない。2度と逢えないのだ。それでもミナはケンに遭うため、毎週土曜の朝9時に霊園へ来る。ミナの時間もまた、あの日、止まってしまったのだ。