やみつきジャパン!

若年性パーキンソン病と闘う札幌在住独身サラリーマンのショートショート小説公開ブログです。

メメント・モリ(カクテル)

f:id:sechsmerquise:20170602224457j:plain

メメント・モリ

~レシピ~

 ジン 15ml
ブルーキュラソー 15ml
グレープフルーツジュース 30ml
グリーンアップルシロップ 1tsp(5ml)
小梅 1個

小梅以外の材料をシェークし、小梅を入れたグラスにそそぐ

  俺がカクテルを始めたきっかけは、『デス・パレード』というアニメでした。

 そのアニメに出てきたカクテルをイメージして作ってみたのがこれです。
 「メメント・モリ」とは、ラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警句です。そのため、やや緑がかった青色(実物は写真より青いです)に真っ赤な小梅が沈めてあります。静寂の青に心臓をイメージした小梅。グリーンアップルシロップの香りと甘み、グレープフルーツジュースの香りと酸味が特徴となっています。グレープフルーツジュースが多いため飲みやすいですが、最後に口に転がってくる小梅の酸っぱさで目が覚めます。この最後にくる後味の悪い台無し感こそ、「忘れるな!」という警告を表現しています。 

f:id:sechsmerquise:20170602224510j:plain

 底に沈んでいる小梅はよく見れば見えますが、青色に隠れて分かりにくいです。人には避けられない生老病死の四苦があります。人はいつの間にか歳をとり、大なり小なり病気になります。そして、人が人である限り、死を避けることができません。誰しもが死を避けられないことを知っていますが、それを忘れて生きています。

 人は弱い生き物です。辛いことや都合の悪いことに直面した時、逃げ出したい衝動に駆られます。また、その逆に切り捨てれば楽になると分かっていても、変化を恐れ、切り捨てるべきことにしがみついてしまうこともあります。

 誰しも避けられない死のように、人生には避けては通れない大きな壁に直面する時があります。その壁に直面した時こそ、今までの人生を問われることになります。

  

スポンサーリンク