やみつきジャパン!

若年性パーキンソン病と闘う札幌在住独身サラリーマンのショートショート小説公開ブログです。

ギムレット(カクテル)

f:id:sechsmerquise:20170602224235j:plain

ギムレット(32.5度、辛口、食前酒)

~レシピ~

ドライ・ジン 45ml 

ライム・ジュース 15ml 

シュガー・シロップ 1tsp.

以上の材料をシェーク

 

  ハードボイルド小説『長いお別れ』に登場し、「ギムレットには早すぎる」というセリフで有名になったカクテルです。名前こそ有名ですが、レシピが定まっていないという変わった歴史を持っています。ジンとライムジュースの比率や、ライムジュースに甘いものをつかう等色々なレシピがあります。

 ライムの香りが好きかどうかで、合う合わないがハッキリすると思います。ちなみに俺はダメでした。ライムの香りは苦手です。

 香りは五感の内、嗅覚で感じるものです。人が持つ五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)の内、この嗅覚が最も原始的な感覚だと言われています。人が未知のものを判断する時、最初に頼るのが嗅覚であり、この嗅覚は視覚など他の感覚では分からないものを見抜くことができる感覚です。食べ物が腐っているかどうかを判断したり、恋人選びの時に相手の体臭から自分の遺伝子と近いかどうかも分かります。

 どんなに見た目が好みの相手でも、体臭が苦手な場合、その相手とは長く続かないらしいです。また逆に見た目は好みではないが、体臭が好きな場合はベストパートナーになれるかもしれません。

  とはいえ、現代人は消臭スプレーや香水を使っている人が多いため、なかなか体臭を知る機会がないと思われます。そこで役立つのが第六感です!というのは冗談で、SNSだと思います。互いに自己紹介しなくてもFacebookやブログなどを読めば相手がどんな人か大体分かります。特に頭の良し悪しなどは嫌でも文章を読めば伝わってしまうものです。また、普段の行いは隠せないもので、旅行や食事に関する感想などから人柄が垣間見えてしまいます。真面目な人はどんなにふざけたことを書いても真面目さがにじみ出てしまいますし、その逆もあります。気になる人のSNSを読んで好感が持てたら、その直感は正しいと思います。

 ちなみに俺は柑橘類の中ではグレープフルーツが好きです!グレープフルーツの香りが好きな人は俺との相性抜群ですよ!一緒に呑みに行きましょう(笑)

  

スポンサーリンク