やみつきジャパン!

若年性パーキンソン病と闘う札幌在住独身サラリーマンのショートショート小説公開ブログです。

札幌芸術の森「NEW LIFE:リプレイのない展覧会」

f:id:sechsmerquise:20170813190603j:plain

 札幌国際芸術祭2017(SIAF2017)札幌芸術の森会場に行ってきました。

  芸術の森は札幌中心部から、かなり遠いです。今回用意された無料バスを使わない場合、バスと地下鉄の乗り継ぐことになるため、見に行くのも一苦労です。 

f:id:sechsmerquise:20170813190630j:plain

 館内では3人のアーティストの展示があったのですが、写真禁止ばかりでした。

 文字による感想をのべさせていただくと、不快でした。とにかく不快。誰の作品についての感想かはあえて言いませんが、俺はあれを芸術だと思えません。

 

f:id:sechsmerquise:20170813190635j:plain

 こちらの工芸館では、暗室でかすかに光る星空のようなアートを楽しむことができました。しかし、この暗室があまりに暗く、事前に用意されたサングラスで目をならしてもまわりがよく見えませんでした。どこに壁があるのか、どこに人がいるのか分からない状態で、とても危険な展示です。六本木のART & SCIENCE gallery lab AXIOMで開催されていた『ブラックボックス展』を思い出させる展示でした。あの事件があった後で、これをやるのは、どうなんでしょうね? せめて部屋の角に照明をつけてもらいたいものです。

f:id:sechsmerquise:20170813190638j:plain

 こちらは写真は資料展示なため、正直面白くなかったです。

 ここまで足を運ばせて、これだけ? という感じです。元々、芸術の森にある野外美術館の方がはるかに見ごたえのある作品があります。初めて芸術の森に来る方は、野外美術館で本当の芸術を楽しんでください。 

 

関連記事:2日間で回る『札幌国際芸術祭2017(SIAF2017)』